大寒の日 2年ぶりの六甲天然氷 六甲山

 1年で最も寒い時期とされる「大寒(だいかん)」の20日、神戸市灘区の六甲山山頂近くにある「自然体感展望台 六甲枝垂(しだれ)」で、夏まで氷室(ひむろ)に入れて保管する天然の氷の切り出し作業が行われた=写真(恵守乾撮影)。昨年は暖冬の影響で氷ができず中止となったため、2年ぶりの開催となった。

 展望台は標高888メートル。山頂付近はこの日も氷点下となり、周囲に積雪が残る中、スタッフらは午前10時ごろから作業を開始。雨水をためて氷を作る8面の「氷棚(ひょうだな)」からチェーンソーで切り出し、手押し車に載せて次々と運んだ。担当者によると、今年は強い冷え込みが続いたため、例年よりも厚い約11センチの氷ができたという。

 切り出した氷は夏の観光シーズンまで貯蔵し、観光客に涼を届ける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ