元J1川崎の中村憲剛さんを起用 川崎市が新ポスターを公開

 川崎市は19日、市役所でプロサッカー・Jリーグ「川崎フロンターレ」元選手の中村憲剛さん(40)を起用した市のブランドメッセージポスターを報道陣向けに公開した。

 市によると、ポスターのキャッチコピーは「KAWASAKI 20XX KENGO NAKAMURA」。中村さんは18年間にわたって川崎フロンターレ一筋でプレーし、今年の元日に現役を引退。新たな一歩を踏み出した中村さんをポスターに起用することで、3年後に迎える市制100周年とその先の未来に向けて、さまざまな取り組みを進める市の“可能性”を表現したという。

 中村さんは自身の顔が大きく写ったデザインに「40歳でここまでドアップなのはどうなのかと思った」と笑いつつも、「これから何を頑張っていくのかを模索する日々。市と一緒になって、自分も進化できるように頑張りたい」と語った。

 同市の福田紀彦市長は「色々な困難がありながらも次のステージに向かう川崎市と中村さんの姿が重なった。みんなで川崎の未来を作っていきたい」と話した。ポスターは、市内の公共施設や鉄道路線全駅などに掲示される予定。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ