静岡県、コロナ変異種で独自警報 川勝知事「徹底調査が必要」

 海外渡航歴がない静岡県内在住の20~60代の3人が新型コロナウイルスの英国型変異種に感染していたことを受け、川勝平太知事は19日、臨時会見を開き、県独自の「感染拡大緊急警報」を出した。変異種でも必要な感染防止対策は変わらないと強調しつつ、感染力は高いとされることから「感染者数の増加が加速すれば医療提供体制の危機となる」として、県民に食事しながらの会話など感染リスクの高い行動の回避と、不要不急の外出や県境を越えた移動の自粛を改めて強く呼びかけた。

 18日に変異種感染が発表されたのは、今月上旬に発症しすでに新型コロナ陽性が確認されていた20代女性とその濃厚接触者の40代女性、別の60代男性の3人。また県は19日、60代男性の濃厚接触者1人が、国立感染症研究所による変異種検出用のPCR検査で陽性になったと明らかにした。現在、「ゲノム解析」による確定検査を実施中で、数日中に判明する見込み。変異種と確定すれば、静岡県内で4人目となる。

 川勝知事は3人に関連して「濃厚接触者が特定されており、また不特定多数と接触した事実は確認されていないため、この方々から感染が広がる可能性はありません」と強調。「感染者を特定する行動や誹謗中傷、差別的対応は厳に慎んで、決して行わないでください」と呼びかけた。

 一方、感染状況調査のために同じ地域の新型コロナ感染者31人を対象に国立感染研で実施した変異種検出用PCR検査では、全員が陰性だった。

 3人は変異種に市中感染したとみられており、県は国とともに、県内の新型コロナ陽性者の検体を国立感染研に送付して変異種の状況確認を続ける。さらに今後、変異種検出用のPCR検査を県環境衛生科学研究所(藤枝市)でも実施できるよう、体制を整備する。

 川勝知事は「(感染者に)渡航歴や接触歴がないことは驚きで、国内で症例が少ないので徹底調査が必要だ。厳に警戒しなければならない」と表情を引き締めた。その上で「変異種の感染力が高いとしても、感染しやすい行動や場面は同じ。医療崩壊につながらないよう、これまでの対策を徹底することが大切だ」と繰り返した。

 具体的には、人と接する場合はマスク着用▽同居の家族以外との会食の回避▽県境を越えた移動の自粛▽不要不急の外出自粛-といった、従来の対策のさらなる徹底を呼びかけた。とりわけ、食事をしながらの会話は徹底して避けるよう、強く訴えた。

 一方、年末年始以降の感染は家族間などが多く、飲食店や学校では少ないとして、時短営業や学校休校の要請は行わないとした。また19日の県内の感染者発表数は40人となるなど、1日100人を超えていたピーク時と比べて全体の感染状況は落ち着きつつあり、政府への緊急事態宣言要請も考えていないという。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ