マガジン復活をリードした“新人3バカ” 小林まことがデビュー時代を描いた『青春少年マガジン』

【マンガ探偵局がゆく】

 先週、今週と『週刊少年マガジン』に関する依頼が続くことになった。

 「小学校時代は『週刊少年マガジン』に夢中でした。柳沢きみおさんの『翔んだカップル』は、子どもにはちょっと難しいマンガでしたが、小林まことさんの『1・2の三四郎』や大和田夏希さんの『タフネス大地』、小野新二さんの『淳のスマッシュ』などのスポーツマンガに夢中でした。小林さん、大和田さん、小野さんは〈新人3バカ〉とか呼ばれて、毎週巻末に載る作者コメントで3人がバトルを繰り広げるのも楽しかったです。小林さんはいまもご活躍ですけど、あとのおふたりはどうされているのでしょう?」(53歳・教員)

 1958年生まれの小林まことが、新潟から上京してひとり暮らしを続けながら描いた読み切り短編「格闘三兄弟」で『週刊少年マガジン』創刊1000号記念新人賞を受賞しデビューを飾ったのは78年。「格闘三兄弟」の主なキャラクターを活かして連載化したのが、出世作で代表作にもなった『1・2の三四郎』だ。そして、同じ1000号記念新人賞で佳作に入ったのが、52年生まれの小野新二が描いた「まぶしい夏がとおりすぎる」。両者は決選投票にもつれ込むほど実力伯仲していた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ