十段戦挑戦者決定戦は許家元八段-余正麒八段

 囲碁の「大和ハウス杯 第59期十段戦」(産経新聞社主催)の準決勝が18日、東京都千代田区の日本棋院で行われ、許家元(きょ・かげん)八段(23)が203手までで、張栩(ちょう・う)九段(40)に黒番中押し勝ちし、挑戦者決定戦に進んだ。準決勝もう1局は、余正麒(よ・せいき)八段(25)が前十段の村川大介九段(30)に勝利している。芝野虎丸十段(21)への挑戦権をかけた一戦は、28日に行われる予定。

 安斎伸彰七段や大西竜平七段に勝利した余八段は、第55期以来の五番勝負登場がかかる。王銘●九段や井山裕太三冠を破った許八段は、十段戦では初の五番勝負進出を目指す。

●=王へんに腕のつくり

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ