初の大学入学共通テスト 新形式に「不安」「緊張」

 新型コロナウイルスの感染が広がる中、初実施となる大学入学共通テストの第1日程が16日、始まった。三大都市圏などで緊急事態宣言が出され、感染対策に気を配るとともに、新形式の試験に挑まなければならない異例の年。マスク姿の受験生らは、厳戒態勢で臨んだ。

 新型コロナの感染拡大を受けて緊急事態宣言が発令されている兵庫県西宮市の関西学院大では、約1700人が受験。受験生らは直前まで参考書を開くなどして試験に備えた。関西の私立大を志望している兵庫県立高3年の男子生徒は「手洗いやうがいなど体調管理には気を付けた。緊張するが今までやってきたことを出したい」と話した。

 昨年度までの大学入試センター試験では恒例となっていた高校や予備校の関係者による応援は自粛が呼びかけられ、試験会場周辺には例年よりも静かな光景が広がった。中には、大学入試センター試験に代わって今年度から新形式となった試験を心配する受験生も。兵庫県立高3年の男子生徒(18)は「過去問がなく、予備校の予想問題が頼りだった。どんな試験になるのか不安だ」とこぼした。

 会場では机の消毒など感染防止対策がとられ、受験生は入室前には手指の消毒を行い、試験中はマスク着用が義務付けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ