「駅ナカ」にeスポーツ施設 JR松戸駅、24日オープン  

 対戦型コンピューターゲームの技量を競う「eスポーツ」を気軽に楽しめる施設が24日、千葉県松戸市のJR松戸駅中央改札口前にオープンする。JR東日本スポーツ(東京)が運営する「ジェクサー・eスポーツ ステーション」(産経デジタルなど協賛)で、eスポーツの本格的な専用施設が「駅ナカ」に常設されるのは全国初とみられる。

 びゅうプラザの跡地を活用。パソコン(PC)エリアでは高性能のゲーミングパソコン20台を備え、応答速度が高速のゲーミングモニターで約30タイトルのゲームが楽しめるほか、テレワークなどの場としても利用できる。イベント&コミュニティエリアではプレーヤー同士の情報交換や休憩も可能。新型コロナウイルス対策として、検温やマスク着用を義務付け、消毒や定期的な換気も徹底する。

 利用料金はPCエリア(入会金100円)が最初の30分350円、以降10分ごとに100円。イベント&コミュニティエリアは入会金不要で最初の30分250円、以降10分ごとに50円。両エリアともフリードリンク付き。年中無休で営業時間は午前9時~午後10時(緊急事態宣言期間中は午後8時まで)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ