横浜みなとみらいのロープウエーが4月22日開業 ネット民は「一度乗ってみたい!」「カップル専用になりそう」「上からガンダム見れる?」などと注目

 横浜市が13日に、横浜みなとみらい21(MM21)地区の新港ふ頭とJR桜木町駅前を結ぶロープウエー「YOKOHAMA AIR CABIN(ヨコハマ・エア・キャビン)」を4月22日に開業すると発表したことを受け、SNSではユーザーが「一度乗ってみたい!」「上からガンダム見れる?」などと沸き立っている。

 市の発表によると、桜木町駅と新港ふ頭の運河パークの間を海上の遊歩道「汽車道」に沿って結ぶ。運行ルートの全長は約630メートル、最大の高さは約40メートルで、所要時間は片道5分。ゴンドラの定員数は8人で、全36基で稼働する。営業時間は午前10時から午後10時で、運賃は大人1000円、子供500円。

 ゴンドラはバリアフリー対応で、冷房も完備。市はロープウェーを敷設するメリットとして「桜木町と新港ふ頭が直結してアクセスが便利になる」「横浜の魅力的な景観を楽しみながら移動できる」などを挙げている。

 このロープウエーは、市都市整備局が臨海部の回遊性を高めるために、交通ネットワークの強化を目的に、「まちを楽しむ多彩な交通の充実」を掲げて、2017年度に公募して選定した事業。市はMM21地区周辺の交通ネットワークを整備することで「街の魅力やブランド力の向上を目指す」としている。運河パーク周辺には大型商業施設の横浜ワールドポーターズなどがある。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ