災害時の「言葉の壁」 ラジオが多言語放送で果たす役割

 大規模な災害は、それまでは見えなかった社会問題をあぶり出す。日本人と増え続ける在日外国人との間の「言葉の壁」もその一つだ。災害時、十分な情報収集ができない外国人は社会的弱者となってしまう。阪神大震災の混乱の中、その壁を取り払うのに力を発揮したのは、ラジオだった。(粂博之、藤原由梨)

 日本人、在日韓国・朝鮮人、ベトナム人…。震災発生直後の神戸市長田区の公園にできたテント村は混乱していた。避難してきた人は一時は約300人に達し、うち約200人はベトナム人。同区は在日韓国・朝鮮人が経営するケミカルシューズ工場が集積し、ベトナム人が多く雇用されていたからだ。

 東京から災害支援ボランティアとして駆け付けた日比野純一さん(58)はテント村には「言葉の壁、偏見、互いの文化に対する無理解があった」と振り返る。同じ地域に暮らしていても国籍が違えば交流は少なく、「他の避難所でも外国人は、孤立し、気後れを感じ、十分な情報を得られないでいた」。

 救援物資を届けるだけでなく、外国人の安否や支援に関する情報をいかにスムーズに伝えるかも重要な課題になった。そんなとき、公園のすぐ近くで「FMヨボセヨ」を開局し、母国語での放送を始めたばかりの在日韓国・朝鮮人のスタッフたちが「ベトナム語のラジオもつくればよい」と手を貸してくれた。

 日比野さんらは、前年に大阪市生野区で開局した韓国・朝鮮語放送の「FMサラン」の協力も得て機材をそろえ、ベトナム、フィリピン、スペイン語などの多言語放送局「FMユーメン」を4月に開局。7月にはヨボセヨと合体し「FMわぃわぃ」とした。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ