入院先見つからず症状悪化 自宅療養の80代男性死亡 東京

 東京都は、13日発表した新型コロナウイルス感染者の死者13人のうち、80代男性と50代女性が自宅療養中に救急搬送され、死亡したことを明らかにした。都によると、80代男性は呼吸苦など症状が悪化した8日に保健所の入院調整で受け入れ先が見つからず、その後に症状が収まって自宅療養が継続されたが、再び症状が悪化した11日に救急搬送された病院で死亡した。

 都によると、男性は家族と同居しており、7日に感染が判明。80代の場合は原則として入院になるが、軽症だったことから自宅療養となった。男性は糖尿病を患っていた。

 都の担当者は「8日に入院できていれば、こうした事態を招かなかった可能性もある。リスクの高い人が入院できるよう調整を進めていきたい」としている。

 50代女性は一人暮らしで高血圧などの基礎疾患はあったが、軽症のため自宅で療養していた。都によると、自宅療養者の死亡は計3人となった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ