関西3府県知事が緊急事態宣言発令を要請

 大阪、京都、兵庫3府県の知事は9日午後、年明け以降の新型コロナウイルスの感染者急増を受けて西村康稔(やすとし)経済再生担当相とのオンライン会議に臨み、3府県を対象に緊急事態宣言の発令を検討するよう要請した。政府は感染状況を分析し、宣言発令の要否を検討する。

 3知事連名の要請文では医療体制が非常に逼迫(ひっぱく)しているとし、「危機的な状況を踏まえ、3府県と国がより一層連携し、さらなる感染防止対策をとることが必要だ」と強調した。

 これに先立つ同日午前、3知事はオンラインで事前協議し、「3府県は一体的な都市圏であり、歩調を合わせる必要がある」として宣言の発令を共同要請することで合意していた。

 8日発表の感染者数は京都府147人、大阪府654人、兵庫県297人で、いずれも1日当たりの過去最多を更新。大阪府は今月に入り急激な増加に転じ、重症者数も160~170人台で高止まりを続けている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ