山梨知事「ギブアップと取られるの怖い」 緊急事態宣言要請を否定

 山梨県の長崎幸太郎知事は9日、県内への新型コロナウイルス緊急事態宣言の再発令を政府に要請せず、飲食店などへの独自の認証制度を徹底する考えを示した。

 全国知事会コロナ対策本部のオンライン会合での発言後に記者団に語った。知事は「現時点では緊急事態宣言はお題目みたいなもので、それでコロナが収まるとは思えない。ギブアップ宣言と受け取られるリスクのほうが怖い」と述べた。

 山梨県は全国で唯一、接待を伴う飲食店などへの休業要請を継続した上で、感染防止基準を満たした施設を個別解除。一般の飲食店や宿泊施設に対しては実地調査してお墨付きを与える「グリーン・ゾーン認証制度」を設けている。

 東京都の「感染防止宣言ステッカー」など他の自治体の多くが自己申告を基にしていることについて、知事は「本格的な認証を行っている山梨県の制度の信頼を損なう恐れがある」と批判。

 「これまで医療関係者や行政、県民が積み上げてきた感染防止努力を強化することが重要」と述べ、山梨独自の対策の意義を強調した。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ