菅首相記者会見詳報(2)「感染の半分以上が若者 自身のことと捉えて」

=(1)から続く

 「今後、緊急事態宣言による対策に続き、(新型コロナウイルス対策となる)特別措置法の改正、ワクチンの早期接種に段階を踏んで取り組みます。まずは緊急事態宣言により、効果的な対策を行い、何としても感染拡大を食い止め、減少傾向に転じさせます」

 「専門家が緊急事態宣言のレベルとするいわゆる『ステージ4(爆発的感染拡大)』、早急に脱却します。病床の状況、新規感染者数などの指標で判断します。さらに特措法を改正し、罰則などにより、強制力を付与することによって、より実効的な対策を可能にしたいと思います。法案の内容に関する議論を急ぎ、早期に国会に提出いたします」

 「その上で、感染対策の決め手となるワクチンについては、製薬会社の治験データの作業を前倒しし、安全性・有効性の審査を行った上で、できる限り、2月下旬までには接種開始できるように準備をいたします」

 「この間、一貫して大事なのは、医療体制です。必要な方には必要な医療を提供をいたします。病床が逼迫(ひっぱく)する1都3県において、コロナ対応の病床を大幅に増やすことができるようにします。このため、民間病院をはじめ、新たに対応病床を増やしていただいた場合には、1床当たり450万円の補助を従来の支援に上乗せして実施します。これにより、重症者の病床があれば1床あたり約2000万円の強力な支援が行われます。また、各知事の要請があれば、自衛隊の医療チームがいつでも投入することができるように、万全の態勢を整えております」

 「最後に、国民の皆さんへのお願いがあります。一年近くにわたるコロナとの闘いにおいて、痛みを伴う自粛要請、こうしたことに協力をいただいております。国民の皆さんに心から感謝申し上げます」

 「今回の世界規模の感染の波は、私たちが想像していたものを超え、厳しいものになっています。しかし私はこの状況は、必ず克服できると思っています。そのためには、もう一度、皆さんに制約のある生活をお願いせざるを得ません。私たちはこの1年間の経験で、多くのことを学んできました。大事なのは会話するときは必ずマスクをお願いする。さらに外出で外食を控え、テレワーク7割、夜8時以降の不要不急の外出の自粛、特にこの3点を徹底していただければ、必ず感染を抑えることができると考えております」

 「さらに、若い方々にお伝えしたいことがあります。最近の1都3県における感染者の半分以上が30代以下の若者の皆さんです。こうした皆さんは感染されても多くの場合、重い症状が出ることはありません。しかし、若い方々への感染がさらなる感染拡大につながっているという現実があります。どうか皆さんのご両親や、ご父母、ご家庭、友人など世代を超えて大切な命を守るために、ご自身のことと捉えていただいて、行動をお願いしたい。このように思います」

 「1カ月後には必ず事態を改善させる。そのためにも私自身、内閣総理大臣として感染拡大防止をするために全力を尽くし、ありとあらゆる方策を講じてまいります。これまで国民の皆さんのご協力に感謝申し上げますとともに、今一度ご協力を賜りますことをお願いして、私からのあいさつとさせていただきます」

--緊急事態宣言は1カ月間で解除が可能と思うか。感染が収まらなかった場合、飲食を中心とした対策をより広範囲にしたり、期間や対象地域の拡大を検討したりするか。宣言が経済に与える影響は。

 「まず、前回緊急事態宣言を発出したときは、ひと月でありました。当初の対策の効果が感染者数として現れるのに2週間ほどかかるということです。それ以降、そうしたものを見極めて分析して、対策を練る期間が必要でありますので、前回と同様の、まず1カ月にさせていただきました」 「そして収まらなかった場合でありますけども、まず専門家が感染防止対策の急所としています飲食。営業時間短縮を今回行っていますし、テレワーク7割を実現したいと思いますし、20時以降の外出自粛、イベントの人数制限、この4点をパッケージとして随時状況を見ながら、必要な対策をとっていきたい。このように思っております。とにかく効果のある対処に徹底的な対策を講じていきたい、このように思います」

=(3)に続く

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ