「スラムダンク」アニメ映画化にファン歓喜 「令和に!?」「山王戦頼むゾ」「声優さん変わらないでほしい」と大盛り上がり

 漫画家の井上雄彦氏が7日、自身のツイッターを更新。「【スラムダンク】映画になります!」と代表作である「SLAM DUNK」(スラムダンク)のアニメーション映画が制作されることを発表すると瞬く間に拡散され、ツイッターのトレンドに。ファンからは喜びや期待の声が集まった。

 井上氏のツイートでは、新たに映画が制作されることを伝えるとともにGIF画像を公開。しかし、うまく動かず機能しなかったため、同様のツイートを繰り返し「(動画が動かないから3回も言うてしもた…)」とお茶目につぶやいた。

 東映アニメーションのリリースによると「“新しいアニメーション映画”を制作中」とのことで、ティザーサイトと作品公式ツイッターを開設。また、タイトルは今のところ未定となっている。

 この発表にネット民は歓喜し、ツイッターには「スラムダンク映画化ってまじ!?」「令和に!?スラダンが!?映画化!?!!?」「何て嬉しいニュースでしょう」「スラムダンク大好き ありがとう ずっと待ってた」「みる!絶対みる!」「最近の復古ブームがまさかのスラダンにまで来た!?」など、興奮交じりのつぶやきがズラリ。「スラムダンクはやっぱり青春だよね」「スラムダンクではミッチーが好きです」「おれはスラムダンク読んでバスケ始めたからとても嬉しい」と作品にまつわるエピソードなども語られている。

 ファンとしてはどのエピソードが映画として制作されるのかが気になるところで「スラムダンク映画ってどこからやるんだろ…全国大会?」「一体どこを映画にするんや」といった書き込みも。テレビアニメ版では、主人公・桜木花道たちの湘北高校がインターハイで繰り広げた激闘は描かれることなく終了したため、全国の強豪を相手に戦う花道たちを見たいという声は数多い。なかでも「やっぱり山王戦なのかな」「スラダン映画山王戦頼むゾ」「オリジナルとかじゃなくて山王戦映画化してくれ~」と、インターハイ3連覇中の名門・山王工業戦を映画化してほしいといった声が目立つ。

 声優についても「声優さんは現役でやってる方多いからそのままでお願いしやっす」「…声優さんはもちのろんで ずっと一緒ですよね?」「声優さん変わらないでほしいな」と90年代に放送されたテレビアニメ版と同じ声優の起用を希望する声が多い。

 「スラムダンク」は「週刊少年ジャンプ」(集英社)で1990~96年に連載された高校バスケを題材としてスポーツ漫画。連載終了後もバスケット漫画の金字塔として愛され続けている。国内におけるシリーズ累計発行部数は1億2000万部以上。93~96年にはテレビ朝日系でテレビアニメも放送された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ