藤井聡太が2021年開幕星/将棋

 将棋の高校生プロ、藤井聡太二冠(18)=王位、棋聖=が6日、大阪市福島区の関西将棋会館で指された第79期順位戦B級2組9回戦で中村修九段(58)を94手で破り、2021年の開幕戦を白星で飾った。これで8戦8勝とし、唯一無敗の単独トップ。対局中の競争相手の結果次第ではB級1組への昇級が決まる。

 年末年始は「多少のんびりした気分で過ごし」て迎えた新年最初の対局。「序盤は先手がいい形になり、その後もこちらは薄い局面が続いて分からなかった」が、終盤で一気に勝負を決めた。

 順位戦19連勝は自己記録の更新で、通算も37勝1敗と驚異の勝率。「一度負けたときはここまで積み重ねられるとは思っていなかった。(持ち時間)6時間が一番自分に合ってるのかな。残りの2局が大事。結果が出せるようにがんばりたい」と話した。

 藤井二冠は前期、10戦全勝で、C級1組からB級2組へ昇級した。名人挑戦者を決める順位戦は、最上位のA級からC級2組まで5クラスあり、B級2組は各10局を行い上位3人が昇級する。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ