日医会長「状況次第で全国的発令も」 緊急事態宣言

 日本医師会の中川俊男会長は6日の記者会見で、政府が首都圏1都3県を対象に緊急事態宣言を発令することについて「今後の感染拡大の状況によっては全国的な発令も考えなければならない」と述べ、対象地域を拡大する可能性もあるとの認識を示した。

 会見で中川氏は「緊急事態宣言の結果が出るのに2、3週間という時間がいる。ステージ4(感染爆発)からステージ3(感染急増)に戻るのに相当時間がかかることを考えれば、その間に1都3県以外に感染がさらに拡大して全国的に各地で緊急事態宣言が必要になることもあり得る」と語った。

 また、全国会議員に対し「夜の会食を人数にかかわらず全面自粛してはいかがか。範を示してもらいたい。隗より始めよだ。そのような行動が国民に生じた緩みの解消につながる」と呼びかけた。 

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ