コロナ禍の1年を象徴する大みそかに 東京都1300人超の感染者 志村けんさんを悼む声も…

 新型コロナウイルスに翻弄された2020年。その大みそかは、コロナ禍の1年を象徴する1日となった。31日に東京都で新たに報告された感染者は、これまでの最多だった今月26日の949人を超える1300人超に。1000人の大台を突破するだけでなく、大幅に上回る事態となった。

 ツイッターでは「東京1300人」「東京都の新た」といったワードがトレンド入り。ツイ民からは驚きや戸惑いがあふれた。

 「東京1300人ってヤバくない!?!?」

 「大晦日に初の4桁となった東京、1300人の感染者。どうかみなさん早くよくなりますように」

 「年明けもまだまだ続きそうだしできるときに対策しておかないとね」

 「こうなる前に食い止めないといけなかった」

 「コロナの収束対策より、コロナとの共存対策をするべきでは? 前向きな意味であきらめるべきだと思う」

 「関東に受験行くの怖いよー」

 この日には、くしくも新型コロナウイルス感染症に伴う肺炎のため今年3月に亡くなったタレント、志村けんさん(享年70)が出演していたテレビ番組が再放送され、多くの人々がありし日を偲んだ。

 テレビ朝日系では「芸能人格付けチェック2020 特別編」、NHK総合では、連続テレビ小説の「エール総集編」が放送された。

 「今年元旦の格付けの志村けん見て泣きそうになってる  笑いたいのに涙出る」

 「今年の正月の格付け再放送やってて、志村けんが普通に出てて、浜ちゃん(ダウンタウン・浜田雅功)が志村けん2020年も忙しなるで~!ってイジっててなんかもう、この時まで時間巻き戻して欲しい」

 「(エール総集編での)永田医師(吉岡秀隆)の言葉と表情、小山田先生(志村けん)の笑顔が心にグサッときました」

 「エール総集編で泣いた。志村けん登場に園長ー!って号泣」

 「今、格付けの再放送で志村けん出てるのを見ると、なんか哀しみが溢れてきた。今年みんな大変だったよね!来年は明るい世の中になりますように!!!」

 志村さんを悼むコメントや、新年にコロナをめぐる状況が改善するよう願う書き込みもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ