最高レベル5は「緊急安全確保」 大雨警戒レベル改定

 豪雨災害の激化を受け、政府は24日、防災情報を5段階に分類した「大雨・洪水警戒レベル」の改定を決めた。最も危険度が高いレベル5の段階で、市区町村が発令する情報を「災害発生情報」から「緊急安全確保」に変更する。分かりにくさの解消が狙い。住民にはレベル4の「避難指示」までに避難するよう求めることに変わりはない。

 来年の梅雨期からの運用を目指す。年明けの通常国会で法改正し、避難勧告と避難指示を一本化するのに伴い、レベル4も修正。市区町村が出す情報の欄に両方を併記するのをやめ、避難指示だけを記した。

 レベル5は、災害が発生しているか切迫しており、住民は直ちに身の安全を確保する。災害の状況をリアルタイムで把握するのは困難なため「緊急安全確保」を発令できない場合がある。従来の災害発生情報は、住民が何をすればいいのか分かりにくいとの指摘が出ていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ