岩塚製菓と配送ドライバーの英断に称賛相次ぐ ネット民は検索エンジン対策で応援?

 17日から19日にかけて大雪に見舞われた新潟・群馬県境付近の関越自動車道で通行止めが発生し、多くの車両が立ち往生を強いられる事態に発展した。そんな中で、新潟県の大手米菓メーカーの岩塚製菓の配送ドライバーが、周囲の車両に輸送中の商品である同社の煎餅を食料がわりにと配っていたことがネットで大きな話題となり、週末にかけて同社を称賛する声が殺到した。そして、週明けの21日、同社の公式ツイッターに、この一件の“副産物”と思われる、ある異変が現れた。

 きっかけは関越道で立ち往生したある一般ユーザーからのツイート。17日に「立ち往生して22時間が経ちました。支援は一度もきていません。その代わりトラックの運転手さんに、会社から承諾を得たからとお煎餅をいただきました。岩塚製菓さん運転手さんありがとうございます」と、差し入れされた同社の商品画像を添えて投稿したところ、21日15時時点でリツイートが2.4万、いいねが8.1万と大きな注目を集めた。

 18日、岩塚製菓の公式ツイッターがこの投稿をリツイート。「その後、状況はいかがでしょうか。国産米100%の米菓でおなかや気持ちが少しでも落ちつきますように。ご体調など十分にお気をつけて、無事にお車を発進できますことをお祈りしております」と、控えめに商品をアピールしつつ、投稿者の境遇を気遣った。

 いずれの投稿にも「なんて粋な会社」「いいお話を知って、嬉しかったです」「御社とドライバーさんのご英断に感動しました!」「柔軟な対応をされた岩塚製菓さんに心からの拍手を!」「空腹が一番つらい。空腹の人に食べ物をあげる以上の正義はありません」などと、同社をたたえるリプライがあふれた。「買って応援します」「善意溢れる会社には善意で返し、応援したくなりました」とのエールや、「ニュース見て泣きそうになりました…無事にトラックの運転手さんが戻ってこれますように」と、投稿者と同じく立ち往生していた被災者の1人でもある配送ドライバーを無事を祈る書き込みも散見された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ