松屋の「バタチキカレー」復活にファン感激…「歓喜の極み」「なんぼでも食べれる」「頑張って応援して良かった」

 大手外食チェーンの松屋は、今年の夏に一部店舗で限定販売して好評だった「ごろごろチキンのバターチキンカレー」を、今月15日から数量限定で発売する。ファンは人気メニューの復活に「待ってました。初日に早速行きます」「歓喜の極み」「なんぼでも食べれる」などと感激の声を寄せている。

 「ごろごろチキンのバターチキンカレー」は、松屋フーズのカレー専門店、マイカリ-食堂の人気メニュー「バターチキンカレー」を松屋流にアレンジ。コクがあるマイルドな口当たりが特徴で、風味豊かなバターの香りとトマトの旨味が口の中に広がる一品。ココナッツミルクの甘さもあり、女性や子供にも好評だったという。

 “バタチキ”待望の復活にファンは「バタチキカレー待ってました。初日に早速行きます」「バタチキカレー大好き。美味しいですよね」「頑張って応援して良かった」「バタチキ復活で歓喜の極み」などと、SNSで愛着をアピール。「美味しいから毎日通いたい。旦那にも教えなきゃ!」「福神漬けと相性も良いから、なんぼでも食べれます」「家族みんなで食べにいきたい」「チキンごろごろで食べ応えありますね」などと再販を心待ちにしている。

 ほかにも松屋のカレー全般がどストライクというファンも多いようで、「松屋のカレーはボリュームがあって大好きです」「松屋のカレーはハズレ無し」などの評価が続々。また、バタチキ未経験のユーザーにとっては思いがけず好機到来。「やっと念願のバタチキデビューできます」「バタチキカレー食べたことがないので食べてみたい」「カレー好きなパパはもちろん私もバタチキカレー気になる。ご飯もいいけど、ナンも欲しい」などと、発売日を心待ちにしている。

 販売期間は15日午前10時から22日午前10時までの1週間だが、売り切れ次第販売終了となる。価格はライスとみそ汁付きで680円(ライス大盛りは740円)。生野菜セットは+100円、単品だと560円(価格はすべて税込み)となる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ