KATEのマスクに「天才か?」「逆境を逆手に」と称賛 早くも争奪戦の予感?

 カネボウ化粧品のメーキャップブランド「KATE」は「小顔シルエットマスク」を15日から数量限定で発売する。この商品に対して、SNSでは「マスクにシェーディング付けるとか天才か??」「着眼点さすが」などの声があがっており、ネットユーザーの間で早くも争奪戦が予想されている。

 マスク着用が日常となった今の生活の中で、同ブランドでは、マスクを“しなければならないもの”から、“マスクもメークの一部“と考え、小顔に見えるマスクを開発。これまでも小顔印象や立体感のある顔をつくるメークを提案をしてきた同ブランドならではの視点を生かしたマスクとなっている。

 同商品では、伸縮性のある素材でフェースラインがすっきり見える立体形状を採用。カラーはブラック、ピンク、ラベンダー、ライトベージュの4色で展開し、さらに、アイメークとのかけ合わせでマスクメークを提案する。

 メーキャップブランドが開発したマスクはSNSで注目を集め、「KATEのマスクオシャレだなぁ…これは欲しい…」「KATEのマスクすごっ!シェーディングで小顔効果!!」「コロナでコスメ売れない中マスクと合わせてメイク提案するという、逆境を逆手にとってて強い」などの書き込みが殺到。「数量限定やめてー」との要望もあり、早くも「争奪戦になりそうだな」と予想する人も少なくなかった。

 一方で「KATEのマスクって何用?ポーズ?ウイルス防げる?マスクは他人にうつさないために着けるってことを忘れてる人多いよ?」といった指摘も。ファッション性よりも機能性を重視したいと考える人もいたが、メーキャップブランドならではの視点は高く評価されており「パーソナルカラーに合うトータルメイク例まであるのは良いな」「小顔ラインが入ってるのは化粧品ブランドならではのポイントな気がする…」「メイクとリンクさせる広告、しかも男性向けまで用意してるのがすごい」とネットユーザーのハートを掴んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ