海外で“日本ロス消費” 和の味やアニメ、外国人が越境ECでお取り寄せ

【近ごろ都に流行るもの】

 昨年、過去最多の3188万人超が訪れたインバウンド(訪日外国人客)がコロナ禍で消えた。でも、つながりまで消えたわけではない。来日したくてもできない外国人が、日本の食やグッズを取り寄せて楽しむ“日本ロス消費”が生まれている。そんな新需要に多言語対応や海外配送を代行する「越境EC(電子商取引)」を活用、海を越えた“日本びいき”にリーチする企業や自治体が増えている。(重松明子)

 《She’s my forever(彼女=アスカ=は私の永遠)》

 日本を代表するアニメ「エヴァンゲリオン」に、海外から熱いメッセージが届く「エヴァンゲリオンストア」のECサイトには、登場キャラクターへの“愛”をつづった海外のファンからの熱烈なツイートが寄せられている。

 展開するグラウンドワークス(東京都杉並区)では、越境ECの注文件数がコロナ前の2・3倍に伸びている(今年5~11月と前年同時期を比較)。

 東京・池袋など日本国内にある実店舗はコロナ以前、インバウンドでにぎわい、昨秋のラグビーワールドカップ(W杯)期間中などは、売り上げの過半数を外国人がたたき出した。

 「それがコロナ禍でゼロになったのは大きな痛手。しかし、世界的な『ステイホーム』により過去のアニメ配信を見た方など、新たなファンも獲得でき、越境EC利用につながった」と販売統括の神村典子さん(58)。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ