「鬼滅」キャラが席巻 小学生の憧れの人物ランキングにSNS「母親より上に行く炭治郎」「頼むから大谷翔平とか入ってくれ」

 ベネッセコーポレーションが、小学生向けの通信教育講座「進研ゼミ小学講座」を受講する児童を対象に、2020年の出来事や将来に関する意識調査を実施し、その結果を発表。小学生の憧れの人を聞いたランキングでは、トップ10のうち7人がアニメ化もされた人気漫画「鬼滅の刃」の登場人物だった。

 同調査は11月20~23日の期間にアンケートを実施し、同サービスの小学3~6年生の会員7661人(男子2491人・女子5170人)から回答が得られた。

 小学生が選ぶ「憧れの人物ランキング」で1位に輝いたのは、618票を獲得した「鬼滅の刃」の主人公・竈門炭治郎。「あきらめずにがんばる」姿勢に憧れるという声が多くあり、1位となった。続く2位はお母さんで393票。同社によると「家族のためにいろいろなことをしてくれる」という声が目立ったといい、休校や外出自粛で一緒に過ごす時間が増えたことも上位になった要因ではないかと見ている。

 このほか、同ランキングでは、3位・胡蝶しのぶ(315票)、6位・冨岡義勇(165票)など、トップ10のうち7人が「鬼滅の刃」のキャラクターで、全体でも2007票が同作のキャラクターに投じられた。同作以外では、先生(4位・229票)とお父さん(5位・171票)がトップ10にランクインしている。

 このランキングはSNSで拡散され、ネットユーザーが反応。「お母さんが鬼滅に挟まれてるのとお父さんが微妙な位置なのが面白すぎる」「母親より上に行く炭治郎強すぎる」「トップ10が、お母さん、お父さん、先生以外の全部鬼滅のキャラクターで埋まってるの草」などの反響を呼び、中には「2位の『お母さん』ってキャラ、つおい…」「炭治郎としのぶさんにはさまれて2位の『おかあさん』何柱(作中に登場する用語で、位の高い剣士たちを指す)だろう」とボケるコメントも見受けられた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ