鬼滅の刃、全国紙5紙朝刊に全面広告 ファンは「広告見るだけで泣いちゃう」「永久保存!」「集英社すげー」と大興奮

 ほかにも「家が取ってる新聞は無かった…」と唇をかむファンや、「新聞広告欲しさに生まれて初めて朝日新聞を買ってしまった。くやしいw ちなみにフルコンプできた」「新聞広告って言うか新聞社が集英社にお金払うべき案件じゃね?w」「新聞社は集英社に足を向けて寝られなくなる(笑)」といったユニークなコメントも見受けられた。

 掲載媒体は産経、朝日、毎日、読売、日経の各紙朝刊。新聞販売店や駅売店、コンビニエンスストアなどで購入可能だが、ファンからは「コンビニの全国紙5紙売り切れてた。売店ハシゴしたらあるかな」「鬼滅ファン、新聞求め、店はしご。俳句かな?」といったコメントも散見され、一部メディアは「『鬼滅の刃』広告掲載の新聞求め、ファン早朝から売店ハシゴ」との見出しを打ってフィーバーぶりを報じている。また、同日のツイッターでは「新聞広告」「全国5紙朝刊」「不死川兄弟」などの関連ワードがトレンドに入るなど、ネットで大いに盛り上がっている。

 週刊少年ジャンプで連載していた「鬼滅の刃」は、人食い鬼が住む大正時代の日本を舞台に、家族を殺された主人公の少年・炭治郎が、鬼と化した妹の禰豆子(ねずこ)とともに、家族を殺した鬼を討つため旅立つ物語。2019年4月にテレビアニメ化されると人気が沸騰し、社会現象を巻き起こした。劇場版では「無限列車」に乗り込んだ炭治郎らと鬼との戦いを描いている。電子版を含む漫画の累計発行部数は、今回の最終23巻をもって1億2000万部を突破した。

関連ページ:鬼滅の刃ネットで話題

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ