日本は皇室を戴く立憲君主国 旧宮家の男系男子孫の方々に皇族復帰していただきたい

 【国家の流儀】

 米大統領選ばかりが話題になったが、実は11月8日は、日本にとって重大な日であった。

 この日、秋篠宮文仁親王殿下が皇位継承順位1位の皇嗣になられたことを、天皇陛下が内外に広く宣明になられる「立皇嗣宣明の儀」が皇居で執り行われたのだ。

 現行憲法では「象徴」と規定されている天皇陛下について政府は「元首」だと解釈し、日本は立憲君主国だと考えてきた。例えば、47年前、田中角栄首相はこう答弁している。

 《現在の憲法のもとでも、天皇は国の象徴であるという面、さらには、ごく一部ではございますが、外交関係において国を代表する面を持っておられるのでありますから、そういう面をとらえて元首という定義によるならば、天皇は元首であるということにもなる》(1973年6月13日、参院本会議)

 よって今回の「立皇嗣宣明の儀」によって、立憲君主たる天皇陛下の後継者が、皇嗣の秋篠宮殿下であることが内外に示されたことになる。現行の皇室典範に基づき、その次の皇位継承者は悠仁親王殿下だが、こうした男系継承は皇室の伝統に基づいたものだ。

 ちなみに今回、菅義偉首相ら三権の長をはじめとする内外の代表が参列した「立皇嗣宣明の儀」がテレビでは大きく報じられた。長い歴史と伝統を誇る皇室の儀式はこれだけではない。

 この「立皇嗣宣明の儀」に先立ち、天皇陛下には皇居・宮中三殿において天照大御神を始めとする神々や歴代天皇に「立皇嗣の礼」を執り行う旨を奉告された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ