「デジタル耳せん」が完全ワイヤレス型に ネット民歓迎しつつ「絶対なくす」と不安に 聴覚の問題解決に期待の声も

 事務用品大手のキングジムは、同社の「デジタル耳せん」シリーズに完全ワイヤレス型のMM3000を追加し、12月14日に発売すると発表した。ネットでは、「遂にワイヤレス!」など喜びの声があがると同時に、聴覚に問題を抱える人やその家族から期待も寄せられている。

 「デジタル耳せん」は、ノイズキャンセリング技術によって、主に乗り物内の騒音やエアコンの空調音など300ヘルツ以下の騒音をカットする一方で、人の呼びかけ声やアナウンスなどは聞き取ることができる、新しいタイプの耳せん。以前のモデルは左右の耳せんがケーブルでつながれた形状だったが、同製品では左右の耳せんが独立した完全ワイヤレス型を採用したうえで、最大約20デシベルカットする高精度アクティブノイズキャンセリング機能を実現したことが特徴だという。付属のケースにはバッテリーが内蔵されており、収納することで本体に充電できる。本体はフル充電で連続約12時間、付属の充電ケースでの充電を含めると最長40時間の長時間使用も可能とのこと。価格は税別1万3000円。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ