コロナ第3波に「3密回避」だけでは不十分、本当の危険スポット 経済回しながら感染拡大の抑制、家庭や職場で徹底自衛が重要

 新型コロナウイルスの国内感染者が2日連続で2000人を超えるなど、第3波は大きくなる一方だ。無症状の感染者も多いが、重症化リスクの高い中高年の感染も増えてきた。経済に大打撃を与える緊急事態宣言のような厳しい自粛に逆戻りしないためには、家庭内感染や職場クラスター(感染者集団)から身を守る必要がある。専門家は「3密」(密集、密接、密閉)回避だけでは不十分だとして、具体的な自衛策を挙げた。

 国内で19日報告された新規感染者は2385人、死者は21人にのぼった。過去最多は8都道府県で北海道266人、千葉106人、東京534人、愛知219人、大阪338人、兵庫130人、和歌山15人、山口18人だった。

 東京の感染者の内訳をみると、20代と30代が全体の約45%を占める一方で、40代が96人、50代も80人、65歳以上の高齢層は69人と中高年層にも感染が広がっている。

 厚生労働省に助言する専門家組織の座長、脇田隆字・国立感染症研究所長は「放置すると、さらに急速な感染拡大に至る可能性が非常に高い」と述べた。「Go To トラベル」や「GoToイート」など政府の支援策がやり玉に上がるが、国が一斉に厳格な対応を取る必要はあるのか。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ