いま行くべきサウナランキングで「らかんの湯」がV2 ファンから「やっぱり強い」「イキタイ施設いっぱい」の声

 今月11日の「ととのえの日」に、いま行くべきサウナをランキングにした「SAUNACHELIN(サウナシュラン)2020」が発表された。佐賀県武雄市にある「御船山楽園ホテル らかんの湯」が2年連続で1位に輝くなど、話題の施設がずらり。サウナ好きを中心にネット上で注目を集めている。

 今年で3回目を迎えたサウナシュランとは、サウナ好きのためのファッションやグッズを手掛ける専門ブランドを運営するTTNE株式会社の活動に賛同するさまざまな業界の「プロサウナー」が審査委員となり、全国5000以上のサウナ施設のなかから11施設をノミネート。水風呂・外気浴スペース・ホスピタリティ・男女の有無・料金設定・清潔性・エンタテイメント性などの観点を評価基準に、革新的なサウナ施設をランキングしている。

 V2を達成した「らかんの湯」は、今年に入って女性用大浴場を全面リニューアル。サウナシュランは「自然の光を利用してデザインされたサウナ室をはじめ、武雄温泉の温泉水を冷却した水風呂や外気浴スペース・喫茶室の新設を行い、国内のサウナに新たな風を吹かせてくれました」として1位に選出した。

 2位は東京・池袋の「かるまる池袋」がランクイン。4種のサウナや4つの水風呂、5種のこだわり抜いた個性的なお風呂がそろい、「これぞまさにサウナのテーマパーク」と高く評価された。3位には博多にある「ウェルビー福岡」が入った。

 世間ではサウナブームが続いていることもあってか、「イキタイ施設がいっぱい」「ランクイン施設をめぐる旅に出たい」「もう半分はすでに行ってるw」などとランキングの結果に反応するサウナファンが多く見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ