“13日の金曜日”で「ジェイソン」トレンド入りも…昭和生まれ「殺人鬼」、平成世代「厚切り?」 大喜利も白熱

 3月13日に続き、2020年2度目の「13日の金曜日」となった13日、ネットで昭和世代が盛り上がり、「ジェイソン」がツイッターのトレンドに入った。

 「ジェイソン」とは、昭和世代には懐かしい米ホラー映画「13日の金曜日」シリーズに登場する人気キャラクターのこと。白いホッケーマスクをかぶって惨殺を繰り返す殺人鬼で、同作は1980年に1作目が公開された。その後、シリーズ化されると続編も話題となり、ビデオゲームまで制作されるほど、当時大人気となった。欧米で不吉な日とされている「13日の金曜日」だが、この映画が当時の地上波でテレビ放送されたこともあり、日本では「13日の金曜日=ジェイソン」と連想するユーザーが多い。その傾向は特に30代以上で顕著のようだ。

 SNSには「13日が金曜日だと、やっぱジェイソン思うよね~」「あ、今日ジェイソンの日か!」「やっぱり13日の金曜日と見るとジェイソンを思い出してしまいます!怖いけど何度も見たくなる~笑」「そういえば昨日同僚と『最近は金曜ロードショーでジェイソンやらないなぁ』って話してました。元気かな…アイツ…」といったコメントがズラリと並んだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ