従業員15人の感染確認 GoToイート店舗で

 宮内秀樹農林水産副大臣は11日の衆院厚生労働委員会で、飲食業界の支援策「Go To イート」の参加飲食店で新型コロナウイルス感染の報告があったのは、9日時点で6道府県の11店、従業員15人だったと明らかにした。

 6道府県の内訳は、北海道が4店8人で最も多く、このほか千葉県2店2人、愛知県1店1人、大阪府2店2人、広島県1店1人、徳島県1店1人だった。

 「イート」にはプレミアム付き食事券と、予約サイトを通じたポイント付与の2事業があり、農林水産省はどちらの参加飲食店かは明らかにしていない。2日時点の全国の登録飲食店数は食事券事業が約13万4000店舗、ポイント事業が予約サイトごとの重複を含め、延べ約12万1000店舗。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ