クラウン、現行型でセダン終了 後継はSUVへ 中日新聞の報道に「嘘だろ?」「悲しすぎ」と衝撃走る

 11日午前、「クラウン」がツイッタートレンドで急上昇。中日新聞が、トヨタ自動車の高級セダン、クラウンの生産を現行型で終了する方向、と報じたためだ。ツイッターには「えっ嘘だろ!?」「消滅はかなしすぎる」「一つの時代が終わった」と驚くネット民の声がこだました。

 後継モデルはスポーツタイプ多目的車(SUV)に似た車形の新型車として2022年に投入する方向で最終調整に入ったとしている。

 ツイッターには「えっ嘘だろ!?」「え、本当に止めるの?」「かなり衝撃」「クラウン乗りとしてショックがデカい」と驚きの声が響いた。ファンからは「トヨタ(ブランド)から完全にFRセダンが消滅も悲しすぎる…」「トヨタのラインナップで良いなぁと思える数少ない車種だったのに…」「日本人のための高級車として長年君臨してきたクラウンの消滅はかなしすぎる」と、生産終了を惜しむコメントがズラリ。「一つの時代が終わった感じ」「ある意味『聖域』にまで踏み込んだか…」など、日本の自動車史の大きな節目との受け止めや、栄華を誇りつつも消滅していった米国製の高級車が辿った歴史になぞらえ、「フリートウッドもエルドラドもコンチネンタルもニューヨーカーもインペリアルも終わりの日が来たのである クラウンだってしかるべき日が来ただけなのでしょう」とのつぶやきも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ