ツイッターに新機能「フリート」登場 ユーザーの反応「インスタのストーリーにあたる機能か」「しょうもないツイートが残らなくて済む」

 ツイッターは11日から24時間で投稿が消える新機能「フリート(Fleets)」を導入した。早速、ユーザーから関心が向けられており、トレンドには「ストーリー機能」や「フリート」というワードが躍り出た。

 同社のブログでは、新機能のフリートを「目の前のできごとやその時の気持ちを伝える手段」と紹介し、ユーザーが気軽に投稿できる機能だと説明。これまで、ブラジル、イタリア、インド、韓国でテストを行った結果、「フリートが会話への参加のハードルを下げていることが判明」したという。

 フリートでは、テキスト、ツイート、写真、動画を投稿でき、タイムライン最上位のアイコンからフリートを見ることができる。また、他のユーザーのフリートに対し、ダイレクトメッセージを送信できるため、会話のきっかけになることが期待される(ダイレクトメッセージを開放している場合のみ、メッセージを送信できる)。

 インスタグラムの「ストーリー」機能と似たような使い勝手となるため、ユーザーたちも「Twitterストーリー機能ついてる」「なに?ストーリー機能増えたの?」「フリートは要するにインスタのストーリーにあたる機能か」と捉えているようだ。11日午前10時の時点では、「まだ私のアプリは表示できてない」とまだ実装されていないユーザーも多く、「使ってみてぇ」と心待ちにするつぶやきもあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ