マツダが縦置き直6エンジンの開発を発表 「生きてたぁ!」「噂は本当だったんだ!」「イカれまくってる」などアツい反響続々

 マツダが9日発表した中期経営計画見直しの中で、縦置き直列6気筒/縦置き直列4気筒エンジンとプラグインハイブリッドの写真を公開。開発中の大型車種商品群や、小型のロータリーエンジンを発電機として利用するマルチ電動化技術への投資を続け、2022年以降順次市場投入していく考えを示した。この中で、縦置き直列6気筒(直6)エンジンがネット民の注目を集め、話題になっている。

 ツイッターには、「直6きたあああ!」「よっしゃああああぁ! 直6生きてたぁああああ!」「うおーーーッ!!!! 噂は本当だったんだ!!」「以前から噂のあった直6本当に出すのか。やるじゃん」「アツいぞ」など、興奮する車好きの反響が続出している。

 CO2削減の観点から動力の電動化、ハイブリッド化が進む自動車産業の中で、内燃機関も年々小排気量かつ小気筒数化が進んでいる。エンジンはエンジンルーム内に横に配置し、前輪を駆動するフロント搭載・フロント駆動方式(FF)が大勢を占めるようになって久しい。フロントに縦置きしたエンジンで後輪を駆動する方式(FR)は、かつては標準的なスタイルだったが、特に直6エンジンのFRは、今ではメルセデス・ベンツ、BMWなど一部の高級車やスポーツカーを除いて、採用する車種がほとんどなくなっているのが現状だ。マツダが今回開発を公表した縦置き直6エンジンは、まさにこの“絶滅危惧種”とも言うべきカテゴリーに新たに火を灯すものであり、「うおおおおお!直6縦置きだ!!」「縦置きの直6はめちゃくちゃ欲しい」「FR!FR!」と歓喜の声があがるのもうなずける。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ