上智大学に爆破予告、11日午後1時からキャンパス閉鎖 ネット民「怖すぎるやろ」「朝から休講にすればいいのに」

 上智大学は10日、爆破予告を受け取ったとして、11日午後1時から四谷キャンパス(東京都千代田区紀尾井町)および目白聖母キャンパス(新宿区下落合)を閉鎖すると発表した。ネット上では「怖すぎるやろ」「終日閉鎖したほうが良い気が…」などと心配する声が寄せられている。

 同大は公式ウェブサイトやツイッターで、「本学に対し、11月11日(水)午後3時に、大学内で時限爆弾を作動させるとの予告がありました」と発表。学生や教職員、その他関係者の安全確保を最優先に考えて2つのキャンパスの閉鎖を決めたとしている。

 なお、11日については、「当日は、1時限および2時限の対面授業は通常どおり実施しますが、3時限以降に学内で行われる予定の対面授業を中止します」「当日のキャンパス滞在者は、午後1時までに全員キャンパスから退出してください」「オンライン授業は予定どおり行います」などの具体的措置を発表している。

 このニュースにネット上で「最近爆破予告多くない?」「母校が爆破予告か…物騒やな」などと不安を感じる人や、「先日私の通う大学でも爆破予告が出ました。結局なにごともなかったようですが、上智大学もお気を付けください」などと気遣う声も寄せられている。

 午後1時からの閉鎖について「終日閉鎖したほうが良い気が…」「水曜日は朝から休講にすればいいのに。なんで午後1時から閉鎖?」「安全確保を最優先した決断とは思えないな」などのコメントや、「時間信じて大丈夫か」「時間通りに本当に爆破されるのか?」などと懸念する声も散見された。

 そのほかにも「事実なのかねえ」「こういうのは捕まえとかんと調子に乗るからな。警察頑張ってくれ」といった書き込みや、「そういう時こそ、休講できない授業はリモート対応でいいんじゃないかという気がしますね」との意見もあった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ