GoToトラベル「地域共通クーポン」でトラブル続出! 使用可能店舗なのに使えず…紙と電子で混乱も 公式サイトで事前調査を

 政府の観光支援策「Go To トラベル」事業で発行される「地域共通クーポン」をめぐり、現場ではトラブルも起きている。利用可能店舗なのに使えなかったり、紙クーポンと電子クーポンで混乱も生じているようだ。お得に賢く利用するためには、どうすればよいのか。

 地域共通クーポンは、旅行代金の15%に相当する額が旅行業者・宿泊事業者から旅行者へと配布される。旅行先または隣接する都道府県で、旅行期間中のみ使用可能。紙クーポン、電子クーポンの2種類がある。

 コンビニや一部鉄道の駅などでも利用可能だが、宿泊代金や公営競技、自治体ゴミ袋の購入などには利用できない。

 観光業のみならず周辺事業者も手助けする狙いがあるものだが、SNSでは、利用できない店舗が多いという声が多い。「使えない店サイトに載せんなよー」「地域共通クーポン使えない」などの不満が出ている。

 利用可能店舗は「GoToトラベル」の旅行者向け公式サイトには、使用可能な店舗の地図がある。観光庁は「以前はマップ上の旗が分かりにくいという問い合わせはよくあったが、現在はシステムが改修されている」とする。

 電子・紙クーポンの両方が利用できる店舗と、紙クーポンのみ利用できる店舗の割合が約5対5であるため、電子クーポンを取得した人にとっては利用可能店舗が限られてしまう。

 また、電子クーポンは1度の操作で1種類しか利用できないため、3000円分のクーポンを利用したい場合は、「1000円」と「2000円」のクーポンを提示する必要がある。

 使い方が面倒という声に対して、観光庁は「改善を検討する可能性もある」と答えた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ