今年人気の赤ちゃんの名前は? ランキングに「たしかに周りに増えてきた」「読めない名前多い」「人気だから付けたわけじゃ…」反応さまざま

 ベネッセコーポレーションは2020年の「たまひよ名前ランキング」を発表。同社では05年から毎年、赤ちゃんの名前に関する調査を発表しており、今年も20年1~9月に生まれた新生児19万7940人を対象に、名前や名前の読み、漢字などについて調査を行った。

 「名前ランキング」では、男の子は「蓮」(主な読み「れん」、以下同)が3年連続、女の子は「陽葵」(ひまり)が5年連続1位という結果に。男女ともに人気上位に大きな変動はなかったが、「陽」「結」など、新型コロナウイルスの流行を受けてか、「あかるさ」や「つながり」など未来への願いを込めた名前が順位を上げているようだ。

 男の子の名前で1位の「蓮」は昨年に続く首位で、08年から13年連続でトップ3に入る人気の名前だ。「蓮」に続いて、2位は「陽翔(はると)」、3位は「蒼(あおい)」だった。このほかトップ10には、「樹(いつき)」「湊(みなと)」「律(りつ)」など一文字の名前が半分を占めており、人気が定着している。

 女の子の名前で5年連続で1位に輝いた「陽葵」は、ひまわりを連想させ、真っすぐな明るい子に育ってほしいという願いが込められていると同社は推察。2位は「結菜(ゆいな)」、3位は「莉子(りこ)」と続いたが、男の子と同様に「紬(つむぎ)」「葵(あおい)」「凛(りん)」「澪(みお)」など漢字一文字の名前も人気のようだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ