地下鉄でマスクのつけ方めぐり口論、顔にスプレー噴射 ネット民から「なぜスプレー持ち歩いている」「注意したのが悪い」「自業自得」などの声

 3日に東京メトロ半蔵門線の車内でマスクのつけ方をめぐり2人の男性が口論となり、注意した男性が顔に催涙スプレーのようなものを噴射される事件が発生。4日朝のテレビの情報番組で取り上げられたこともあり、ネット上では「なぜスプレーを持ち歩いているのか」「注意したのが悪い」「スプレーかけるのはよくないけど、自業自得な気も…」などと大きな話題となっている。

 3日午後、九段下駅(東京都千代田区)の半蔵門線ホームで「催涙スプレーをまかれた」と110番通報があった。警視庁麹町署によると、顔に浴びた40代男性はその後、隣の半蔵門駅まで移動し、駅員に目の痛みを訴えた。30代ぐらいの男が噴射後に現場から逃走し、同署は傷害事件として行方を追っている。2人に面識はなく、半蔵門線の車内で、男性が男のマスクの着用方法を注意し口論になったという。九段下駅で降車してホーム上でもみ合いとなった末、男性に押し倒された男が持っていたスプレーを噴射したという。

 この事件にネット上では、さまざまな視点から多くの意見が寄せられている。スプレーを噴射した男について「なぜスプレーを持ち歩いているのか」「一般人がスプレーを持ち歩いているのが謎」「持ち歩く目的がよくわからん」などと、スプレーを所持していたことへの疑問が殺到。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ