大阪都構想「住民投票開票速報」放送延長で「コナン最終回」がトレンド入り!? ネットは悲鳴…「自動録画失敗」「悲しすぎる…」

 1日に行われた、いわゆる“大阪都構想”の是非を問う住民投票の「開票速報」をNHKが放送したことを受け、同日深夜、ツイッターで「コナン最終回」がトレンドに入る事態が発生した。

 同局はこの日、アニメ「未来少年コナン デジタルリマスター版」の最終回を放送。しかし、開票速報が長引き、放送時間が深夜0時10分から35分遅れの同0時45分に後ろ倒しとなった。このためSNSには、番組の録画に失敗したというネットユーザーが続出。ツイッターには「『未来少年コナン』、撮れてなかった!OMG!自動録画失敗してた!!!(怒)もう一回ちゃんと放送してくれ!」「都構想特番で最終回がとれてねぇ…」「コナン最終回を録画したはずが、アンという名の少女が録画されてた(爆)。どういうこと!?」「とれてなかった…コナン…最終回だよ!?悲しすぎる…」など、嘆きの投稿が殺到した。この恨みを都構想を提唱した大阪維新の会にぶつけるアニメファンもおり、「今まで欠かさず見てきたのに!維新めー」「大阪維新を恨む」といったつぶやきも散見された。

 一方、延長放送対応機能で無事に録画できていたというネットユーザーもおり、彼らからは「コナンの最終回撮れてるか確認したら撮れてた!よかった!最後まで知ってるとはいえ再放送ここまで見て最後だけ見られなかったら泣く」「未来少年コナン 最終回時間ずれたけどちゃんと録れてて良かった!」などの声。ここまで欠かさず視聴してきたにも関わらず、最終回だけ見逃したという人も多く、「改めて再放送して欲しい」「最終回再放送を希望!!」という悲鳴も相次いだ。

 「未来少年コナン」は1978年に同局で放送されたアニメ。宮崎駿氏の実質的な監督デビュー作として知られている。同局は1日午後9時50分から「大阪都構想 住民投票開票速報」を放送。開票が長引き、同10時50分に番組の延長が決まった。番組が終了したのは同11時30分だった。その後に予定されていた番組は後ろ倒しになり、翌2日の午前0時10分放送開始予定だった「未来少年コナン」は同0時45分から始まった。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ