漫画家・高橋留美子さん紫綬褒章受章に祝福の嵐! 「うる星やつらがダントツ」「犬夜叉は私の青春」「らんまは何度も読んだ」親子で楽しむファンも

 政府は令和2年秋の褒章受章者を2日付で発表し、漫画「うる星やつら」などで知られる漫画家の高橋留美子さん(63)が紫綬褒章を受章した。同日、ツイッターでは「紫綬褒章」「留美子先生」などのワードがトレンド入りし、ネットには数々の名作を送り出してきた高橋さんを祝福する声が相次いだ。

 受章者は775人(うち女性159人)と27団体。3日に発令される。学問や芸術などで功績を残した人に贈られる紫綬褒章には、高橋さんのほか、俳優の中井貴一(59)らが選ばれた。

 中学の頃から漫画を描き始めた高橋さんは、日本女子大在学中の1978年、「勝手なやつら」で第2回小学館新人コミック大賞少年部門佳作を受賞し、デビュー。同年にSFラブコメ「うる星やつら」の連載を少年漫画誌で開始した。80年には若い未亡人で美人のアパート管理人「音無響子」をめぐるラブコメ「めぞん一刻」も青年漫画誌で連載。ほかにも「らんま1/2」「犬夜叉」などの代表作を持ち、多数の作品がテレビアニメ化された。現在は「週刊少年サンデー」(小学館)で最新作「MAO」を連載中。また、「犬夜叉」の続編となるテレビアニメ「半妖の夜叉姫」が日本テレビ系で10月からスタートした。

 「週刊少年サンデー」編集部のツイッターでは、高橋さんが紫綬褒章を受章したことを報告し、高橋さんのコメントを掲載。そこには「身に余る褒章をいただき驚きもありましたが、しみじみと喜びを感じております。これを励みに今後ますます努力を重ね、読者の皆様が気楽に楽しめる漫画をお届けし続けたいと思っております」と受章の喜びとさらなる決意がつづられていた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ