【しずおか・このひと】認知症「診断されても前向きに」県希望大使、三浦繁雄さん(63)

 高齢化社会の進展に伴って認知症の増加が見込まれる中、社会の理解を深めてもらおうと、当事者の立場で情報を発信する「県希望大使」に、軽度認知障害の三浦繁雄さん(63)が任命された。啓発活動や認知症サポーター養成講座で自身の体験などを伝えながら「認知症と診断されても、前向きに生きていってもらいたい」と語る三浦さんに、抱負などを聞いた。(岡田浩明)

 --厚生労働省は、令和7年に認知症の高齢者が約700万人に増えると推計する。認知症と診断された前後で何が変わったか

 「認知症といえば、なりたくない、なったらもう終わり、自分が分からなくなってしまう-ということに結びつけがち。でも、実際、(認知症の)多くの人はそんなことはない。確かに忘れてしまったり、できなくなったりすることはありますが、意識は変わりません。逆に、できることがたくさんあります。それは生きる楽しみになるだろうし、機会を持てれば、それこそ今から新しいことに挑戦できます。私自身も認知症がありながらも働いています」

 --忘れないようにするための対策は

 「直前の記憶、特に直前に何をやったかが全く不確か。やったのか、やってないのかもしれない…と。だから仕事中、リストメモにボールペンで『すること』を書いています」

 --一方で社会の理解は不十分

 「そこが本当に『まだまだ』という部分。認知症と診断されたり、自分がちょっとおかしいなと病院に通い始めたりしても、集まったり情報を得たりする場所が少ない。そのまま進行して、気づいたときには介護が必要な状態、という人が多い。認知症について悪いイメージが世間に広がっているため、自分自身が認知症と名乗り、いろいろなところとつながれない、支援が受けられない。これが現状です」

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ