「リボ払い」トレンド入りで生々しい体験談が続々 「人生詰む人もいる」との指摘も

 29日のNHKの情報番組「朝イチ」冒頭で、“知らぬ間にリボ払い”に注意!と題した企画が放送され、「リボ払い」がトレンド入り。ネットには「元本9000円 利息21000円」などの生々しい体験談や、「完済することの無い借金」などと無自覚な濫用に警鐘を鳴らすが投稿が相次いだ。

 番組では、クレジットカードを利用していない月に請求があり、銀行口座から引き落としされていたというユーザーの事例を紹介。その支払いがリボルビング払い(リボ払い)に設定されていたことが理由だったことがわかったものの、利用者自身はリボ払いにした覚えがなかった。このように、利用者が知らない間にリボ払いになっていたという相談事例が、国民生活センターで急増しているという。

 リボ払いは、月々の支払いを一定額に固定する分割払いの一種で、月々の出費の管理が楽になる反面、支払いの度に年率15%程度の手数料(クレジットカード会社によって異なる)がかかる。最近は、すべての支払いをあらかじめリボ払いに設定することができたり、リボ払いでしか支払いできない「リボ専用カード」も登場しており、気づかずにこれらを利用していると、店頭で「一括払いで」と指定しても自動でリボ払いになってしまうこともあわせて紹介された。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ