次世代新幹線「アルファX」時速382キロ到達にネット民「札幌にくるのが楽しみ」「必要な技術」

 JR東日本は27日深夜、次世代新幹線の試験車両「ALFA-X(アルファエックス)」の走行試験を報道陣に公開した。今回は東北新幹線の仙台駅-盛岡駅の間を走行し、最高時速は現行型「E5系」新幹線の320キロを大幅に上回る382キロを記録。ネット民は「新幹線が札幌にくるのが楽しみ」「かっこいい。実物見えるかな」などと興奮気味で、28日朝から関連ワードがツイッターのトレンドなどで急上昇した。

 ALFA-Xは北海道新幹線の札幌延伸に向けて開発中の試験車両で、東北新幹線の仙台-新青森間で週2回ほどテスト走行している。現在、同区間で活躍中の「E5系」は日本一の最高時速320キロを誇るが、ALFA-Xは360キロでの営業運転を目指しており、試験では400キロに達したこともあるという。

 報道陣が試乗するのは今回が初めて。午後11時40分ごろに仙台駅を出発し、28日午前0時ごろに最高速度382キロを記録した。試験車両は10両編成で、総工費約100億円をかけて昨年に完成。高速度域での安定性やトンネル突入時の圧力波の違いを分析するため、先端部分の長さは東京方向の1号車で約16メートル、新青森側の10号車で約22メートルと異なるデザインを採用している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ