「20GBで月5000円以下」との政府要求に、KDDIとソフトバンクが“回答”

 携帯電話大手のKDDIとソフトバンクは28日、それぞれの携帯通信サブブランドで、大容量プランを見直し、月あたりの通信量上限20ギガバイト、定額通話料と税込みで4千円代となる新しいプランを発表した。携帯電話料金値下げを政策として掲げる政府の「20ギガバイトで月額5000円以下」という要求に応える形だ。

 KDDIが発表したのは、同社の携帯通信ブランドauのサブブランドとして展開するUQモバイルの新プラン「スマホプランV」。通信量上限20ギガバイトで月額3980円(以下全て税別)で、月あたり最大60分の国内通話が定額となる月額500円の「通話パック」をセットにすると4480円。2021年2月以降に提供する。

 ソフトバンクは、サブブランドのワイモバイルから新プラン「シンプル20」を発表。こちらも通信量上限20ギガバイト、10分以内の国内通話が無料で月額4480円。料金は横並びだが、KDDIより早く12月下旬から開始する。

 税込み価格はどちらのプランも4928円で、政府の「20ギガバイトで月額5000円以下」という要求に応える形となっている。

 上記2社のようなサブブランドを持たないNTTドコモが、どのような対抗策を打ち出すかが注目される。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ