インスタに“投げ銭”日本でも 「コロナで厳しい業界の助けに」と期待集まる 「エロ垢が爆益上げる」との予想も

 米IT大手フェイスブックは21日、傘下の写真・動画SNS「Instagram(インスタグラム)」で、ライブ動画を配信しているユーザーが動画の視聴者から収益を得られる「バッジ機能」の提供を日本でも試験的に始めた。いわゆる“投げ銭”機能の実装に、ネットではさまざまな反響が寄せられている。

 この機能は、視聴者がライブ視聴中に有料の「バッジ」を購入して配信者を応援できる仕組みで、120円、250円、610円の3種類のバッジが設定されている。同社は5月、米国でバッジ機能の提供を試験的に開始しており、今回、日本を含む11カ国、計5万人以上の配信者に対象を広げた。同様のサービスを提供している動画投稿SNSとしては、YouTubeの「スーパーチャット(スパチャ)」、SHOWROOM、17Live(イチナナライブ)などがある。

 米本国では5月から展開していたことを知っていたユーザーは少なくないようで、「インスタ版スパチャいよいよですね」「当然の流れですが、来ましたね」など、日本での提供を予想していたと思われる受け止めが目立つ。

 インスタグラムは9月にも、動画投稿SNSアプリ「TikTok」のような最大15秒の短尺動画を作成、配信できる「リール」という機能を追加して話題になったばかりで、「リールでtiktok機能も搭載したと思ったらイチナナ領域まで…」と、競合アプリが特徴とする領域に相次いで守備範囲を拡大するスピード感に驚いたようなつぶやきも見られた。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ