バーガーキングから正体不明の新商品 モザイク加工にツッコミも

 ハンバーガーチェーン「バーガーキング」を運営するビーケージャパンホールディングスは19日、今月23日から11月5日までの14日間限定で「ザ・フェイク・バーガー」を発売すると発表。広告ビジュアルの商品写真にはモザイク加工が施されており、現時点で詳細は明かされていない。ネットでは一体どのような商品なのか、予想が広がっている。

 同社のプレスリリースによると「ザ・フェイク・バーガー」は、正体不明のバーガーで「今はまだ味や中身の詳細をお伝えすることはできませんが、一度食べるとそのおいしさにクセになること間違いありません」とのこと。価格は単品が290円、フレンチフライ(M)とドリンク(M)のセットが590円(すべて税込み)となっている。

 バンズに何が挟まっているのかはモザイクがかかっており不明だが、広告ビジュアルや公式ツイッターではその食感を「ホクッ、フワッ、ウマッ」と表現している。正体不明の新商品だが、ツイッターには「これなに?!めっちゃ気になる!」「謎だ」といった書き込みがあり、ネットユーザーの関心を誘った。

 何を挟んでいるのかを予想する人もおり、モザイクが黄色であることから「色的にはたまごやけど気になる、、」「黄色いから玉子焼きバーガー的な感じかしら?食べてみたい~」「中にカツ丼とか挟んでいるのかな?」といった声も。また「ん?人工肉?」「アメリカで出してる人工肉バーガー?それとも別物?」「大豆由来のパティを使っているのかな?」との予想もあった。

 広告ビジュアルについては「食べ物にモザイク掛けるのはやめた方が…」「卑猥な」「すけべなバーガーかと思ったわww」といった指摘やツッコミもあったが、「ザ・フェイク・バーガー」という商品名とともに「つーかフェイクって何だよ」「そそられるw」「なんだろね?w」などと注目を集めている。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ