「どってんこいたじゃ!」貝焼き味噌トレンド入りで青森県民もびっくり 感動実話には涙

 15日放送の日本テレビ系バラエティー番組「ディスカバリー・エンターテインメント 秘密のケンミンSHOW 極」で、青森の名物料理「貝焼き味噌」が紹介され、一時トレンド入りするほどネットで反響を呼んだ。

 番組では「オラたちの郷愁グルメ」と題し、青森市出身のタレント古坂大魔王を案内役に、同県のソウルフードである貝焼き味噌を紹介。大きなホタテ貝の貝殻の上にホタテの貝柱とヒモ、だし汁、味噌を乗せ、小鍋のように直火にかけて卵でとじる郷土料理だ。古坂曰く、レシピサイトでも多数紹介されているものの、味を再現するだけではなく、郷土の言葉や雰囲気が伴わないと本物とは感じられないとのことで、東京にある同県出身者経営の郷土料理店を訪れ、実食。その後スタジオ内でも出演者らに振る舞われ、全員揃って鼻腔を膨らませながら舌鼓を打った。

 番組放送中から注目を集め、「貝焼き味噌」がトレンド入り。ツイッターには「わいは!トレンドさ貝焼き味噌入っててどってんこいたじゃ!(日本語訳:なんてこったい!トレンドに貝焼き味噌が入っててびっくりしたじゃないの!)」と驚く同県人の声があがった。

 ほかにも「いゃ~たまらない!! 貝焼き味噌 おばあちゃ~ん 故郷を後にして50年近くなるけど食べ物と言葉はけっして忘れない」と青森を離れて暮らす同県出身者からの故郷を懐かしむコメントや、「のれめど!(めっちゃ美味いぞ!)」「知らねえ人わやどめえはんで青森さ来て食いへ! 駅前で食えるはんで!」など、方言を使ったアピールが殺到。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ