タブレットで教育どう変わる 端末1人1台 今年度中に配布へ 

 学校教育のデジタル化を進める国の「GIGAスクール構想」の取り組みが、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて一気に加速した。全国の大半の公立小中学校で、今年度中に全児童生徒へパソコンあるいはタブレット端末が1人1台配布される見通しだ。気になるのは、導入によって学校教育がどう変わるか。全国的にも早い段階からタブレットを使った学習を導入してきた埼玉県飯能市を取材した。

 ■早い段階から準備

 埼玉県教育委員会によると、県内の全63市町村の公立校で、年度末までに児童生徒へ端末を配布する見込みだ。このうち、県内で唯一、配布を完了させたのが飯能市。8月末までに市立小中学校19校の全児童生徒と教職員約5千人に届けた。

 多くの自治体が主に予算上の理由から全員配布に二の足を踏む中、早い段階で準備してきたことが早期の配布完了につながった。というのも、先行する市立学校で「成果」があったからだ。

 ■一瞬で情報共有

 小中一貫校として昨年4月に開校した市立奥武蔵創造学園(奥武蔵小と奥武蔵中)。昨年9月から約120人の児童生徒が学習にタブレット端末を使っている。

 授業中、教員が教室の子供たちに問いかけると、多くの生徒がタブレットに指先を動かし入力を始める。「みんなの前で手を挙げづらい子もタブレットなら答えられる。(教室内の)コミュニケーションツールになっている」(同市教育センター)という。

 入力された子供の解答を教室の他の児童生徒に紹介する際も、板書はしない。教員が個々のタブレットにデータを送り表示させる。一瞬で情報共有できるため、授業時間のロスがなくなった。

 タブレットにはカメラ機能が付いている。子供たちは授業中に教員の黒板を撮影する。板書をノートに書き写すことが苦手だった子は、授業に集中できるようになったという。

 教員にとってのメリットもある。これまで記憶頼みだった体育や音楽などで、子供たちの習熟状況をタブレットの録画で確認できるようになったのだ。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ