実物大ゴジラの体内に突入する新アトラクションに期待最高潮 「ゴジラの食糧になれるとか最高」

 兵庫県立淡路島公園アニメパーク「ニジゲンノモリ」に10日、ゴジラをテーマにしたアトラクション『ゴジラ迎撃作戦 ~~国立ゴジラ淡路島研究センター~』がオープンする。ネットではファンの期待が最高潮に達している。

 同アトラクションは2016年公開の映画「シン・ゴジラ」に登場したゴジラ第4形態をモチーフにしており、全長約120メートルの実物大のゴジラの体内に参加者が突入する「ジップライン」や、ゴジラ細胞を殲滅する「シューティング」ミッションが楽しめる。複数のメディアが、オープン前の報道公開時に取材した体験レポを掲載しており、その圧倒的なビジュアルに魅了されたファンから反響が多く寄せられている。

 もっとも注目されているのは、速度をつけてゴジラの口の中に飛び込んでいく「ジップライン」で、「すげぇの作りましたなぁ」「大きさが半端ないですね 迫力満点」「これ間近でみたら迫力あるんやろな...」と、実物大の迫力に圧倒されるネット民が続出。「ゴジラの食糧になれるアトラクションとか最高じゃん」「これはアツすぎるやろwww」と熱い注目を集め、「これめっちゃ行きたい」「遊びまくりてぇ…」「超楽しそう。西の方行くタイミングであわせて楽しみたい」など、淡路島への旅に思いをはせるユーザーも。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ