Go To効果か、宿泊客数アップ 和歌山・白浜、9割まで回復

 新型コロナウイルス禍で減少していた関西有数の観光地・和歌山県白浜町の観光客が戻りつつある。町内24カ所のホテル・旅館が加盟する白浜温泉旅館協同組合のまとめでは、9月の加盟施設の宿泊客数は昨年の9割近くまで回復した。国内旅行の機運が高まる中、宿泊費が助成される国の「Go To トラベル」や県民対象の「わかやまリフレッシュプラン」で、持ち直したとみられる。(張英壽)

 組合によると、今年はコロナ禍で宿泊客数が大幅に減少。昨年と今年の同時期を比べると、4月は約8万6千人から10分の1以下の約8千人に、5月は約8万7千人から約3千人に、6月は約7万3千人から約1万人に落ち込んだ。以降は回復傾向となり、7月は約10万人から約4万9千人とほぼ半数に、8月は約13万6千人から約9万6千人にまで回復した。

 直近の9月は、約8万人から昨年の9割近い約7万人まで持ち直した。下旬に土・日曜と敬老の日、秋分の日が続く4連休があり、多くの観光客が宿泊したとみられる。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ