「安倍氏とトランプ氏が『分断』を生んだ」リベラル紙が突出使用 「分断」は悪いことなのか?

 【「ポスト安倍」時代の政治とメディア】

 安倍晋三前首相と、ドナルド・トランプ米大統領の共通点は、大手メディアとの対決姿勢を辞さないことだった。敵対したメディアの側は「支持層と不支持層との間で『分断』を生んだ」と非難し続けてきた。

 安倍政権に批判的だった日本のメディアは、トランプ支持者と民主党支持者がデモの現場で衝突するシーンを報じ、社会的分断を嘆くこともしばしばだった。

 他方、興味深い数字を紹介したい。新聞記事のデータベース検索で、過去2年間(2018~19年)、全国紙の媒体別に「分断」で検索すると、朝日新聞が1428件、毎日新聞が1060件、産経新聞が949件、読売新聞が729件。

 以前から、安倍政権批判の文脈に絡め「分断」という言葉を使っている疑念があったが、政権に是々非々だった後の2紙より、リベラル2紙の方が多いのは示唆的だ。特に朝日新聞は突出している。

アクセスランキング

もっと見る

ピックアップ